Category Archive:まつもと子ども留学プロジェクト

5月13日、松武秀樹さんと仲間たちの音楽教室を開きました

5月13日(水)、寮の子どもたちが通う会田中学校で、音楽家(※)の松武秀樹さんとその音楽仲間たちの音楽教室を開きました。

当初、松武秀樹さんひとりの予定でしたが、せっかくなら音楽仲間も一緒にということで、氏家克典さん、比山貴咏史さん(ヴォーカル)も参加していただきました。

(※)松武さんの肩書「日本シンセサイザープログラマー協会(JSPA)副会長」「作・編曲家」「プロデューサー」「シンセサイザープログラマー」「演奏家権利処理合同機構副理事長」「4人目のYMO」‥‥→或る紹介サイト

以下は、当日の準備・リハーサル風景。

150513Matsutake

本番では、

まず、いろんな音の波形ごとに音を聞き比べて、音を作るシンセサイザーの仕組みを松武さんが実演、

そのあと、シンセサイザーを使って、中学生たちが

風の音(1年生)、

猫の声(2年生)、

口笛の音(3年生)

作りに挑戦。

それから、比山さんの声を元に作った複数の合成音声を再生しながら、比山さん自身の生の声で一緒に歌ってもらい、両者の声を聞き比べるという珍しい音楽体験をしました。

150513MatsutakeNews

                  (信濃毎日新聞 2015年5月14日朝刊)

音楽教室のあとは、寮で、子どもたちと交流会。子どもたちは、やっぱりシンセサイザーを実際に手にとっていじってみたいと、音楽教室の二次会となりました。

150513MatsutakeAfterlesson

松武さんと氏家さんの手取り足取りの解説と子どもたちの実演で、あっという間に交流会の時間が終ってしまいました。子どもたちと一緒に夕食を共にして、東京に戻られました。

会田中の音楽教室が終って、車に楽器を片付けた3人の皆さん、目の前に広がるいろんな波形をした美しい山々に見とれ、北アルプスを見渡す、学校のグラウンドに見とれ、ここで演奏会を開いたらさぞかし音響が素晴らしいだろうなと、今度は秋の松茸の季節の頃に訪問したいと感想を漏らしました。

本日のテクノ音楽スクール・松本四賀版の松武校長、氏家教頭、比山さん、貴重な音楽体験をありがとうございました!

150312_155829

会田中学校の前に広がる様々な波形をした山々。

150312_155947

(たまたま雲がかかっていましたが)北アルプスが一望できる会田中学校のグランド。

 

3月26日、スタートから1年経った振り返りを菅谷松本市長との合同記者会見で報告

3月26日、当NPO理事長の植木宏と菅谷松本市長は、まつもと子ども留学がスタートから1年経過したことを受け、市役所で、合同記者会見を開きました。

以下、当日の植木宏の発言要旨とこれを報じた地元の新聞記事です。

【松本モデル】の報告

”松本市”と”市民団体”が協力して、原発事故の被災地に暮らす子どもたちを長期的に寮に受入れる全国初のプロジェクト【松本モデル】として、2014年4月に8人の女子(中2が4名、中1が3名、小6が1名)の入寮でスタート。
その後、家庭等の都合により、2名が地元福島に転校し、現在、6名。1年間にわたる初めての寮生活を通じ、子どもたちはたくさんの成長をみせ、各分野で活躍中。

【現在の課題】

当初からの懸案事項として、財政の確保とスタッフの確保。
財政問題
現在、ほぼ善意の募金、助成金で運営している状況。この間の新しい工夫として、
(1)、安定的な財政を確保するため、定期的な寄付の仕組みである「マンスリー募金」、カード決済、
  銀行からの「自動引落サービスシステム」を確立。
(2)、少額でも多くの人たちの財政支援をめざして、携帯電話からワンコインから始められる
  募金システム「かざして募金」を展開中。
スタッフ問題
財政の確保が十分でない中、不足するスタッフの補充をボランティアの協力により実施してきて、
現在も継続中。
現在も「ボランティア募集中」。善意ある皆さんのご協力をお願いしたい->詳細
・助成金申請作業のお手伝い
・資金調達の応援団(企業紹介や個人にマンスリーサポートのお願い)
・ニュースレター作成や発送作業のお手伝い
・広報のお手伝い(ホームページの作成、FB、Twitter、ブログ等の作成)
・子どもの世話のお手伝い(食事サポート、勉強サポート、イベントサポートなど)
・新しい入寮希望者への対応作業のお手伝い(ホームステイ探し、山村留学ネットワーク作り、
 空き家情報収集など避難者、移住者の受入れサポート)
新たな試み【松本モデルの発展型】の紹介
1年の活動の中から、子どもたちを受け入れる新たな試みもスタート。
【ホームステイ型留学】
現在、松本市内のご家庭に、福島県から2人の男子(中1)がホームステイとして受入れ。本年4月より
松本市内の中学校へ通学中。
また、過疎化対策の一環として松本市の乗鞍高原にて「のりくら未来創り協議会」の方々が2名のホーム
ステイ留学生の受入れ募集中。->詳細

前述のとおり、【松本モデル】には財政問題という課題があるため、これに代わって、より低コストで実現可能、各地で応用可能なモデルとして、【ホームステイ型留学】に注目。
つまり、”行政”と”市民団体”と”市民”と”地域”とが連携して運営する”松本モデルの発展型”として【ホームステイ型留学】の新たな試みがスタート。

【今後の展望】--留学ネットワークの結成--

これから、被災地に暮らす子どもたちの長期受け入れを実施する団体・個人がつながる”留学ネットワーク”を作り、現在活動中の、避難・移住・保養に関する全国の受入れ団体、個人、地域と連携し、一人でも多くの子どもたちが安心・安全な場所で健やかな心身と成長をサポートしていきたい。

      (2015年3月27日市民タイムス)

150326iMatsumotonews2

 

 

4月4日、小中学校で入学式・始業式がありました

4月4日午前に四賀小学校で始業式が、午後に会田中学校で入学式・始業式があり、8人の子どもたちは、それぞれ元気に登校し出席しました。

松本市四賀地域での、新しい門出です。

DSCF2680-2

 (会田中学校の入学式・始業式)

※ 会田中学校の入学式に参加したスタッフのレポート

雨のち曇り、のち虹の入学式

DSCF2691-2

(松本市の信州大学から)

====

二段ベッドなどの家具類やタオル・シーツ類、農作物など、さまざまなご援助を戴き、まことに有難うございます。

皆様のお気遣いにスタッフ一同、また子どもたちも感謝の気持ちでいっぱいです。

引き続き、ご理解とご支援のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。

3月11日、菅谷昭松本市長が記者会見で「まつもと子ども留学」の取り組みについてコメントしました

3月11日の定例記者会見で、松本市長が「まつもと子ども留学」の取り組みについて、コメントしました。

以下をご覧ください。

松本市長記者会見(平成26年3月11日)

 

また、本取り組みについて初めて発表した松本市長の記者会見は、以下で公表されています(テキストもあります)。

松本市長記者会見(平成25年12月17日)

3月10日の記者会見の動画のアップ

3月10日に、松本市役所で、漫画家のちばてつやさん、音楽家の松武秀樹さんも参加して、NPO「まつもと子ども留学基金」による記者会見を行いました。

以下はその動画です。

その1

その2

その3

その4 質疑応答

その5 質疑応答

3月10日、ちばてつやさんらも参加して、記者会見を行いました

3月10日午後3時より、当法人は松本市役所において記者会見を行いました。
4月からの開始に当たり、現時点でお子さん8人の参加が予定されていることなどを発表しました。
また、ちばてつやさん(漫画家)、松武秀樹さん(音楽家)も記者会見にご参加戴き、本プロジェクトの支援についての熱い思いを話されました。

ss640-IMG_2568

ss640-IMG_2661

ss640-IMG_2645

ニュースレター(2014年早春号)を作成しました

ニュースレター(2014年早春号)を作成しました。

現在の状況等について記載しておりますので、ご覧ください。

ニュースレター14-2

松本市長が記者会見で発表、本NPOも記者会見を行いました

editor post on 12月 18th, 2013
Posted in まつもと子ども留学プロジェクト

平成25年12月17日、松本市菅谷昭市長が、「まつもと子ども留学」プロジェクトへの思いと松本市の協力について、定例記者会見で発表しました。

記者会見の様子はこちら

 

また、同日午後5時30分より、NPO法人「まつもと子ども留学基金」は、松本市役所記者室において記者会見を行い、本プロジェクトの概要について説明しました。

マスコミ十数社が参加し、テレビ新聞などで大きく報道されました。

NPO法人として認証されました

editor post on 12月 16th, 2013
Posted in まつもと子ども留学プロジェクト

平成25年12月9日、当団体は長野県より特定非営利活動法人としての認証を得ました。

今後、「特定非営利活動法人まつもと子ども留学基金」として活動を行いますので、よろしくご支援のほどお願い申し上げます。

 

Welcome !

editor post on 10月 28th, 2013
Posted in まつもと子ども留学プロジェクト

2011年3月の東日本大震災は、それまでの私たちの暮らしや認識を一変させました。2年以上の歳月が経過した今も、不透明な状況の中で、育ち盛りの子どもたちにとって制約の多い暮らしが続いていることが危惧されます。

「まつもと子ども留学基金」は、被災地の子どもたちが安心して生活し、遊び、勉強する場所づくりを目指して、信州松本の地で留学プロジェクトを立ち上げました。

ツイート
">